100個描いた

とりあえず「濁音 拗音」系のイラストを100個描いた。
すべてを網羅することはできないし、日常あまり使わないようなものを入れてもあれだし。
動物とかモノとかの名前で、子供がパッと見てわかるようなのをイラストで表現するにも限界が。
ウミガメさん、なるべく簡略化しすぎないように描いたけど、こんなんだったんですね。
タイルみたいになっていて。

でもこういうのをちゃんと描いてこそ・・・なのです。