• スクリーンショットのサイズ

    iPhone
    320x480, 320x460, 480x320, 480x300(古いからいらない)
    640x960, 640x920, 960x640, 960x600
    640x1136, 640x1096, 1136x640, 1136x600

    iPad
    768x1024, 768x1004, 1024x768, 1024x748
    1536x2048 ,1536x2008, 2048x1536, 2048x1496

  • AppStore申請のための準備 その2

    実際にアプリ申請する際の入力項目を予習しておく。
    いろんなサイトの解説をみても大体は同じだけど、微妙に違ってたり。
    参照
    iTunes ConnectでiPhone/iPadアプリの新規登録を行う手順

    ■初めてアプリを登録する時に入力
    「Primary Language」(English)
    英語にしておいた方が世界展開がってことかな。

    「company」または「developer name」
    App Storeで表示されるってことなんで、(studioWaka)でいいかな。


    ■アプリ情報
    「Default Language」(English)

    「App Name」に英語のアプリ名。(xxxxx)

    「SKU Number」(一意なID)
    なんでもいいみたいだけど、数字以外でもいいみたい?
    一度設定したら変更できない。

    「Bundle ID」(com.studio-waka.xxxxx)
    配布用のAppIDを作成した時に登録したもの。
    Provisioning Portal内では、*****.com.studio-waka.xxxxx の形式で表示されているけど、
    前の「*****」の部分(シード)はいらない。
    一度設定したら変更できない。

    「Availability Date」(公開希望日)
    何日後とかから選択できるようになってるのかな?

    「Price Tier」(価格を選択)
    選択式になっていて、「1」が0.99ドル、日本円で現在なら85円。「2」は1.99ドル。急に倍になるんか。

    「Discount for Educational Institutions」(チェック項目)
    教育機関向けの割引き。どれぐらいの割引になるのかな?

    「Custom B2B App」
    これは関係ないか。
    「Version Number」(1.0)
    1.0とかでいいんかな?
    FlashBuilder開発だと、***-app.xml の中にある項目と揃えておくみたい。

    「Copyright」(studioWaka)
    コピーライトを英語で入力。
    studioWakaでいいかな。2012とかいらんかな。c表記は勝手に入るみたい。

    「Primary Category」(選択)
    カテゴリを選択。

    「Secondary Category(optional)」(選択)
    なんか当てはまるのがあったら選択しよう。

    「Rating」(None)
    レーティング設定。バイオレンスじゃないし。

    「Description」(説明文)
    アプリの説明文を入力する。Default Language が English だからまずは英語で。
    後から追加する別言語で日本語のを入力する。

    「Keywords」(カンマ区切りで)
    キーワードをカンマ区切りで入力。

    「Support URL」(http://studio-waka.com/***)
    サポートサイトのURL。アプリ用のページを作っといた方がいいね。

    「Marketing URL (optional)」(http://studio-waka.com)
    こっちは普通にサイトトップでいいか。

    「Privacy Policy URL (optional)」()
    これは別にいいか。
    「Support Email Address」(メールアドレス)
    サポート用のメールアドレス。

    「Review Notes(optional)」()
    アプリ審査用の補足。審査担当の人が読むよう。日本語でええんか?

    「Demo Account Information(optional)」
    これはいらん。

    「EULA」
    これもいらん。

    「Large Icon」
    1024サイズのアイコンを作ったやつ。

    「Screenshots」
    iPhoneとiPad両方いるのか。

    とりあえずやってみますか。

  • AppStore申請のための準備

    とりあえずAndroidは後回しにして、AppStoreへアプリの配布申請するための準備をメモしていく。

    ■配布用のCertificatesを作成
    キーチェーンアクセスでまずは「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」ファイルを作成するんだけど、
    開発用に作ったやつでもいいのかな?とりあえず新規作成し直すことにする。
    Provisioning Portal > Certificate で「Distribute」タブ内で作成。
    「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」ファイルを送信。
    リロードして「Download」ボタンが表示されたら「ios_distribution.cer」をダウンロード。
    (AppleWWDRCA.cerもダウンロードできるからいちおうダウンロード)

    ■配布用の.p12ファイルを作成
    「ios_distribution.cer」をダブルクリックしてキーチェーンアクセスに登録。
    (いちおうAppleWWDRCA.cerもダブルクリックして登録しておく)
    キーチェーンで登録したやつを選択して、ファイル/書き出すで.p12ファイルを書き出す。
    パスワードを決める。

    ■配布用のAppIDを作成
    Provisioning Portal > App IDs にて作成する。
    「Bundle Identifier (App ID Suffix)」はアプリ固有の名前を登録。
    com.studio-waka.xxxxx の形式推奨。

    ■配布用のプロビジョニングプロファイルの取得
    Provisioning Portal > Provisioning にて。
    配布用は「Distribute」タブ内で作成。
     ●App Store
     Profile Name は識別用だからなんでもOK。(アルファベットと数字のみ)
     Distribution Certificate は配布用のが自動選択。
     App ID はさっき作ったやつを選択。
    送信完了したらリロードしてダウンロードしておく。

    ここまでで下準備はいったん終わり。

    スクリーンショット画像を作ったり、アプリの説明文を考えたりしておこう。

  • スプラッシュ画面の画像

    どんどん書いてメモを残していかないとすぐ忘れるので、意欲がある時に書いちゃう。

    アイコン画像の他にスプラッシュ(起動)画面に使う画像がいるそうな。
    これまたサイズがいろいろ必要なわけで。
    とりあえず現状自分が必要そうな分だけ。

    320x480 Default.png
    640x960 Default@2x.png

    768x1024 Default-Portrait.png(AIR 3.4 以降)
    ※768x1004(AIR 3.3 以前)

    1536x2048 Default-Portrait@2x.png(AIR 3.4 以降)
    ※1536x2008(AIR 3.3 以前)

    iOSはこんだけかな。前提は縦表示のみね。
    さらっと2000px以上を指定してるのが怖い。

    小さい方の(AIR 3.3 以前)と書かれたサイズが基本みたいですけど、
    大きくてカットされる分には問題ないかな。

    Androidは・・・よー分からん。
    また後で調べる。

  • 巳年のペパクラ年賀状は

    今週中にアップできると思います。
    お待たせして申し訳ございません。